経済的に進学が無理なら防衛医大

将来医師になりたい希望と学力もあるけれど、高額な費用のかかる医大への進学は家の経済を考えると無理というときは、諦めずに防衛医大学校を受験してみる事をお勧めします。防衛医大学校は偏差値も高く国立大学並か、あるいはそれ以上と言われていて難関ですが、しかし首尾よく合格できれば、入学金や授業料もかかりませんし、そのうえ、身分は特別職国家公務員であり、自衛隊員となるので、毎月の学生手当てももらえます。そのうえ、年2回の期末手当までもらえます。受験に際しての防衛医科大学校の特徴は、一般大学にはない年齢制限が設けてあります。入校のときに18歳以上21歳未満でなければなりません。受験料は無料です。

在学期間は、一般の医大や医学部と同様に6年間です。全寮制で、全員学校内の学生舎での生活が義務付けられているのも、他の大学と違う特徴です。全寮制での学生生活の中で、医師になる為の勉強の他に、自衛隊員としての必用な、指導や指揮の能力を身に付けるための厳しい教育訓練も行われます。医師の国家試験に向けての医学の勉強のカリキュラムは一般の大学とほぼ同じです。防衛医科大学校は、一般の医大の付属病院にあたる、防衛医科大学校病院が設置されていて、医師の免許取得後に必要な2年間の初任実務研修(一般の医大の卒後臨床研修にあたります)も大学校病院内で受けることができます。大学校には他にも、防衛医学研究センター、高等看護学院などが設置されています。

卒業後は、医科幹部候補生として幹部候補生学校入校します。医師国家試験に合格及び幹部候補生学校を卒業した者は、2等陸尉、海尉、空尉に昇任します。2年間の臨床研修を受けた後、自衛隊の病院などに配属されます。9年以内に自衛隊を除隊する場合は、大学校卒業までの経費を国庫に返還しなければなりません。

こちらのサイトでは、就活している男性の身だしなみについてアドバイスしています